東京大阪間の有意義な楽しみ方|バスでの移動方法

実は快適なバスの旅

シート選びの工夫

バス

バスの予約をする際、シートにどんなタイプがあるのかをしっかり調べておいた方が良いでしょう。東京大阪間で車内で就寝する場合のことを考えて、幅にも余裕のあるシートを選んだ方がいいです。

もっと読む

注意事項を確認しよう

バス

バスに乗る人は東京大阪間の便で規定されている注意事項についてもしっかり確認することが大事になってきます。買い物をする前にこれは持ち込めるものなのかを確認してから乗るようにしましょう。

もっと読む

車での移動

車内

東京と大阪は直線距離にして400kmは離れています。しかし、これはあくまでも直線なので、車で訪れるとすれば500km強は移動することになるでしょう。その間ずっと車に乗っているのですから、できれば快適な旅を行ないたいはずです。それぞれプランは選ぶことができますので、一番自分にとって快適な東京大阪間のプランを考えるといいでしょう。自家用車で移動するという人も中にはいますが、高速バスだと9時間かかるものを自家用車では休憩も合わせて7時間程度で到着できます。自家用車の方が早いようにも思えますが、その間眠ることもできませんし、交代する人もいないならずっと運転しっぱなしになってしまいます。しかも自家用車で移動した場合東京大阪間の高速代は12000円を超えてしまいますが、バスだと安いプランで3000円程度で移動することもできて節約できるのが嬉しいです。

飛行機で移動するとなると2時間程度で済む所を車で移動することになりますが、飛行機よりは確実に運賃を安くできるのがバス移動の強みです。しかも自分で運転することがないので、景色をゆっくりと楽しむこともできます。飛行機だとずっと空の上なので、地上の風景の移り変わりをゆっくり楽しむ余裕はないでしょう。しかし、移動が長いので、予約の取り方は工夫をしなければいけません。6時出発の朝一番の便に乗ったとしても、東京や大阪に到着するのは12時過ぎになってしまいます。夜に予定がある場合は良いのですが、朝から現地を楽しみたいなら夜の便に予約をとった方が時間を有効に使えるでしょう。

違いを比べる

運転席

鉄道会社と旅行会社がバスの運営をしているので、東京や大阪に出かける際にはこの二つの会社を比べてみるのもいいです。降車場所や乗車場所が分かりやすい、アメニティの充実などの特徴があります。

もっと読む