東京大阪間の有意義な楽しみ方|バスでの移動方法

バスの模型

違いを比べる

運転席

二つの特徴

東京大阪間の夜行、または高速バスを予約する際に注目したいのが運営母体です。バスを運営している会社には大きく分けて二つあり、鉄道会社が運営しているタイプと旅行会社が運営するタイプがあり、それぞれに特徴も違います。東京や大阪で利用する際にはこの違いを知っておくと良いでしょう。

鉄道会社が運営する

まず鉄道会社が運営するタイプですが、東京や大阪のターミナル駅を利用して停車する場合が多いので、降りる場所や乗る場所が分かりやすいという特徴があります。旅行の際には出発時刻に間に合うように車内に乗り込まなければなりません。その際に待ち合わせ場所がわからないと迷って出発時刻までに間に合わないこともありえます。鉄道会社経営だとそれを最小限にできます。しかも当日の予約もすることができるので、急に東京や大阪への旅行の予定が決まった場合にはとても便利です。空席の度合いにもよりますが、希望の席に座ることもできて便利です。しかし、予約の時間に乗り遅れてしまうと容赦なく出発するので、時間には気をつけましょう。

旅行会社経営の特徴

旅行会社経営のバスは基本的には交通の便の良い場所で待ち合わせして乗り込みますが、大阪や東京の土地勘がないとわかりづらいこともありますので気をつけましょう。事前に調べておくと安心です。そして旅行会社経営のバスを利用する最大のメリットは格安のチケットもあるということです。しかも設備もとても良く、サービスも充実しているので快適な旅を過ごせることでしょう。アメニティも充実していて、アイマスクやネックピローを忘れた場合でも装備されているので安心です。