東京大阪間の有意義な楽しみ方|バスでの移動方法

バスの模型

シート選びの工夫

バス

東京大阪間を夜間に移動するなら、レッグレストがあるバスを選ぶと移動が楽になります。最近のバスにはシートがほぼ水平に倒れるタイプなどもあり、寝転がって快適に眠れると評判になっています。それとは反対に、余分な機能は全て排除し、格安のプランでチケットを販売しているバスもあります。あまり移動時間は眠らない、交通費を安く済ませたいという場合はそのシートプランでもいいでしょう。しかし、眠りたいと考えているのにシートが倒せないと辛いと感じるはずです。自分の体質や旅行プランに合わせて東京大阪間の移動は考えた方がいいです。そして、隣席との距離はとても大切です。以前は三列シートも多かったのですが、最近は法律の改正も影響し三列シートが利用できないことも多くなってきました。三列シートだと充電器も使うことができるので、多少運賃が高くなっても良い人なら利用しましょう。

基本的に東京大阪間のバスでは四列シートのタイプが多くなります。少し狭いので、長い距離の移動に慣れていない人はゆったりと作られたバスを選ぶといいでしょう。バスのタイプは予約するサイトに詳しく表記されていることが多いので、よくチェックしておきましょう。バスの中で就寝するなら最低でもレッグレストはあるシートを選んだ方がいいです。足が伸ばせないと緊張で足が凝り固まってしまうので、そうなると移動後の観光にも響きます。座席幅が広いと寝返りもうつことが可能になります。このように、東京大阪間の移動にはシート選びに工夫が必要になります。